読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百貨店がどんどんとなくなっていく

北海道の百貨店丸井今井民事再生法を申請したニュースは,とても驚きました。
しかも,西武百貨店もやめてしまうとか。

すでに西武は撤退し,丸井今井もなくなってしまいそうな函館はどうなってしまうのでしょう。
これからの北海道の都市を考えたときに思い出したのが,浜松市の状況です。

浜松市ヤバイ!政令指定都市なのに廃墟っぷりが凄い!

北海道の都市のほとんども郊外に大きな駐車場をそなえた大規模ショッピングセンターがどんどんとオープンしています。デパートに行く人が大規模ショッピングセンターに流れてしまったために,デパートの売り上げが落ち込んでしまったのかは知りません。しかし,車で大規模ショッピングセンターに行けば,そこで何でも揃えられる事を考えると,都市の中心部(札幌で言えば大通り)に人が集まらなくなってしまったことは十分に考えられます。人が集まらなくなれば,街の活気は失われてしまうでしょう。
地域によっては中心部を衰退させないために,郊外の大規模店の出店を認めない自治体もあるとか。
それはすごく賢明な判断であると思います。

そごう心斎橋本店 再生のシンボル売却に地元で驚きの声

デパートの売り上げが落ちるという報道の中で,セブン&アイはお荷物のそごうや西武百貨店を切って,コンビニに集中していくという話が出てきます。しかし本当に百貨店を切るだけなのでしょうか。オーナーに商品の仕入れ代金を隠し,ピンハネしているなんてことを聞くと,その街で親しまれてきた百貨店の持つ伝統なんて気にせず,ただうまみのあるところだけを残していくような印象を持ちます。街の活気を失わせないことまで,企業の社会的責任に含むのは私の言い過ぎでしょうか。

セブン‐イレブン批判本を「封殺」するトーハン

まさに「名ばかり管理職」で休む間もなく働き,がんばっても,その努力が本部に吸い上げられ,もしも店舗が閉鎖してしまったら,百貨店みたいに多くの人達に惜しまれることもない。
頻繁にコンビニを利用している自分としては,とても複雑な気分です。

コンビニ業界が深夜営業規制に反対する本当の理由

考えているうちに寝られなくなってしまった・・・