読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZOOM ZOOM

R1022060
今日は午前中で仕事が終わり,午後からは長男の誕生日プレゼントを買いに行きました。
帰り道の高速道路で路上にある雪のかたまりを通り抜けようとしたら当たってしまいました。雪のかたまりだからたいしたことないと思っていたのに,その後カラカラと音がします。確認してみたところ,アンダーカバーを引きずっていました。
一番近いフォルクスワーゲンのディーラーは札幌。
まさかそこまで行くわけにもいかず,地元マツダのディーラーへ。
ちょうどロードスターの車検の相談もかねて,修理を依頼したところ,こころよく引き受けていただきました。
そこで見つけたのがこの雑誌。ロードスターの20周年記念特集があります。
2008年秋冬号ですから,相当昔ですが,錆びて穴の開いた状態に対して今後のことを考えていたタイミングなので,何かメッセージを私に伝えたかったのかもしれません。

このプロジェクトを始めたとき,マツダはコリン・チャップマンの手がけた1960年代の名車,ロータス・エランの持つ潔さを目指していた。そこに,マツダの技術と信頼性,そして使いやすさを付加した。それがマツダロードスターを純粋で明確な目的を備えたクルマにして,今日まで長く愛されることになったのだ。
ゴードン・マレイ(マクラーレンF1デザイナー)
ZOOM ZOOM 2008年秋冬号 HAPPY BIRTHDAY MAZDA ROADSTERより

ロードスターに乗ってて良かったと思うような言葉をいろいろと見つけることのできる特集でした。

しかも,地元のディーラーの店長さんはNA6を2台所有していて,さらに部品取り車までお持ちらしい。
またまた,ロードスターを通じた良い出会いがあることを期待したい。